第56回【馬を放つ】

アートワーク旧共産圏.jpg

​第五十六回に紹介するのは、2017年製作のキルギス映画【馬を放つ】
イリュージョンミュージアム~幻影博物館~を堪能したという話しもしています​
監督:アクタン・アリム・クバト
製作:アルタナイ・コイチュマノバ、チェドミール・コラール、タナシス・カラタノス、マルク・バシェ、ドゥニ・バセリン
共同製作:マーティン・ハンペル、ダニス・タノビッチ、定井勇二、フルール・クナッパーツ、グルミラ・カリモバ
脚本:アクタン・アリム・クバト、エルネスト・アブドジャパロフ
撮影:ハッサン・キディラリエフ
美術:アディス・サイタリエブ
衣装:イナラ・アブディーバ
編集:ピーター・マルコビッチ
音楽:アンドレ・マタイアス
キャスト:アクタン・アリム・クバト、ヌラリー・トゥルサンコジョフ、ザレマ・アサナリバ、タアライカン・アバゾバ、イリム・カルムラトブ、ボロット・ティンティミショブ、マクサト・マムルカノブ
原題:Centaur
製作年:2017年
製作国:キルギス・フランス・ドイツ・オランダ・日本合作
配給:ビターズ・エンド
上映時間:89分

この記事へのコメント

記事リンク