第39回【キレるオヤジの逆襲】

アートワークラテンアメリカ.jpg

第三十九回に紹介するのは、日本とアルゼンチンの国交樹立120周年を記念して2017年製作のアルゼンチン映画【キレるオヤジの逆襲】
フジロック第一弾アーティスト発表についてや、ドラマ【スタートレック:ディスカバリー】の最終回についても語っています
監督:ルーカス・フィゲロア
脚本:ルーカス・フィゲロア
原作:フアンホ・ムニョス、ハビエル ・ パスクアル
製作:マルコス ファハルド、ルーカス・フィゲロア
撮影:デビッド・アスカノ
編集:パブロ・マルチェッティ
キャスティング・ディレクター:アナ・サインズ・トラパガ、パトリシア・アルバレス・デ・ミランダ
美術:クール・ガラバル
衣装:マルセ・マルティネス・ベルナレス
音楽:フアン・コルテス
録音:アントニオ・ロドリゲス“マルモル”
キャスト:イマノル・アリアス、ダリオ・グランディネッティ、ウーゴ・シルバ、ルイス・ルケ、ミゲル・アンヘル・ソラ、パウラ・カンシオ、ヴァレリア・アロンソ、トーマス・ポッツィ、フアン・グランディネッティ、ペドロ・カサブランク、ホルヘ・デリーア
原題:Despido Procedente
製作年:2017年
製作国:アルゼンチン・スペイン合作
上映時間:90分


この記事へのコメント

記事リンク