第122回【ぶあいそうな手紙】

アートワークラテンアメリカ.jpg

第百二十二回に紹介するのは、2019年製作のブラジル映画【ぶあいそうな手紙】
映画そのものよりカエターノ・ヴェローゾの話しに重きをおいています
監督:アナ・ルイーザ・アゼベード
製作総指揮:ノラ・グラール
脚本:アナ・ルイーザ・アゼベード、ジョルジ・フルタード
脚本協力:セネル・パス
撮影:グラウコ・フィルポ
編集:ジバ・アシス・ブラジル
音楽:レオ・ヘンキン
挿入歌:カエターノ・ヴェローゾ
美術:フィアポ・バーチ、ウィリアム・ヴァルドゥーガ
衣裳デザイン:ロサンジェラ・コルティーニャス
メイクアップ:ブリトニー・フェダーライン
キャスト:ホルヘ・ボラーニ、ガブリエラ・ポエステル、ジュリオ・アンドラーヂ、ホルヘ・デリア、アウレア・バチスタ
原題:Aos olhos de Ernesto
英題:Through Ernesto's Eyes
製作年:2019年
製作国:ブラジル
配給:ムヴィオラ
上映時間:123分
映倫区分:G 

この記事へのコメント